通信量の節約ができるMVNO事業者の格安スマホ・格安SIMはどれ?

      2015/06/11

save-traficc
テーマに別のMVNO事業者の「格安スマホ」サービスを紹介します。

今回のテーマは「アプリを使用して高速通信と低速通信をきりかえられて高速通信のデータの通信量自体を節約することができる格安スマホサービスの紹介です。

格安スマホの料金に関しては、月間に使用できる高速通信のデータ容量によって変わってきます。そのため基本料金を安く抑えたい人はデータ容量の節約は避けられないテーマです。

今回はその節約の手助けをしてくれるアプリを提供している「格安スマホ」の紹介をします。

高速通信のクーポン切り替えができるMVNO事業者

クーポン切り替えアプリを提供しているのは下記のMVNO事業者です。

iijmio
IIjmio/みおふぉんの格安スマホ IIJmio/みおふぉんは日本で20年以上も通信・ネットワークの分野で活躍してきた日本を代表する
ocn1
OCN モバイル ONEの格安スマホ 「OCNモバイルONE」はNTTコミュニケーションズ株式会社がNTTドコモのネットワークを借りてMV
rakuten-mobile
楽天モバイルの格安スマホ 大手通信販売会社として有名な「楽天」がMVNO事業者として運営する格安スマホが「楽天モバイル」です。格安スマ
対象のアプリでSIMごとに高速通信のON/OFFが簡単に切り替えられるようになっています。

業界シェアが高い2社がアプリによる高速通信と低速通信の切り替えに対応していますね。こういった細かい部分の使いやすさがシェアの高さや、良い評判口コミに反映されているのではないでしょうか。

▼2015年6月より提供予定

mineo
auのネットワーク網を使用したMVNO事業者である「Kオプティコム」が運営する格安スマホの「mineo」もデータの増量と新しいプランの発表を

auネットワーク網を使用したMVNOでは初めてです。NTTdocomoの回線網を使用したMVNO事業者と比べてサービスの質や、金額で比べられる部分が多いですがサービスなどが追いつくのはまだちょっと先ではないかと思っています。

現在のところ、高速通信のクーポン切り替えができるアプリを提供しているのは上記に上げたMVNO事業者のみです。

高速通信のクーポン切替の活用方法

アプリを使用して高速通信をOFFにすれば、通信自体は制限速度にはなりますがデータの通信をすることができます。

スマホは設定次第ですが、なにもないときでもバックグラウンドでデータのやりとりを行うこともあります。そのため、通信の速度を気にしない就寝中や車の運転中は高速通信をOFFにしておくことで通信量を節約することが可能です。

もちろん制限された速度でもデータの通信自体は問題なくおこなえておりますので、メールの着信やLINEのメッセージ等のやりとりは問題なく行えます。ですので、高速通信が必要な時以外は常時OFFにしておいてギリギリまでデータの通信量を節約するなんてことも可能です。

まとめ

格安スマホでは、高速通信のデータをどのくらい使うのかによって金額が大きく違ってきます。

そのため、基本料金を低く抑えたい方にはこのようなアプリを提供しているMVNO事業者を選ぶのもいいでしょう。

Androidアプリ登場
アプリをダウンロードしてスキマ時間に「格安スマホ」について勉強するピヨ♪

google-play-badge

ひよこ先生のおすすめ格安スマホ

楽天モバイル

5分以内の国内通話かけ放題が月額850円と電話をするユーザーにも安心の格安スマホです。
楽天モバイルは格安スマホについてよくわからないという人にも安心な端末セットも充実した初心者にも優しい格安スマホです。

mineo(マイネオ)

mineo

Docomo回線とau回線のどちらのネットワークにも対応した唯一の格安スマホです!
ドコモユーザー・auユーザーの人は今使っているスマホ端末がそのまま使えます!mineo(マイネオ)への乗換でスマホ代が安くなる!

DMMモバイル

DMMmobile

全プラン業界最安値水準が魅力の格安スマホ!
ネットワークは高い技術力をもったIIJmioが担当しているので通信品質も格安スマホ最高水準です。
利用料に応じてDMMポイントがキャッシュバックされるなど、できるだけ安く使いたい人にはオススメです。

 - 格安スマホの豆知識 , , ,