ひよこ先生が「格安スマホ」について授業をするピヨ♪

格安スマホの料金比較や評判・口コミなら-ひよこ先生の格安スマホ教室-

格安スマホの豆知識

容量の繰越ができるMVNO事業者の格安スマホ・格安SIMはどれ?

投稿日:2015-04-14 更新日:

carryed-traffic
テーマに別のMVNO事業者の「格安スマホ」サービスを紹介します。

今回のテーマは「高速通信の容量の繰越ができる」格安スマホサービスの紹介です。

月によって使用するデータの容量にばらつきがあったりする場合に、当月使い切れなかったデータを、翌月に繰り越して使うことができたら便利ですよね。

このデータ容量の繰越に関しては格安スマホのサービスをしているMVNO業者によって対応しているところと対応していないところがあります。インターネットを使うにしろ、動画を見るにしろ毎月全く同じだけデータ容量を使うとことはないと思います。そういったデータの使用容量のバラつきが多くプランを決める際にどのプランにしようか迷ったりする場合も多いと思います。

そんな場合に注目して欲しいのが「データ容量の繰越」です。

ということで今回は、「未使用の高速データ通信の使用容量を繰り越すことができる格安スマホ」の紹介をしていきます。

容量の繰越ができる格安スマホ・MVNO事業者

高速通信のデータ容量の繰越された容量については各社共通で翌日/翌月末までの期限で使用できます。

iijmio 3GBプランを契約中の例

3月に使ったデータ量 2GB/3GB ←使わなかった1GBが翌月に繰越
4月に使えるデータ量 3GB+1GB(繰越分) 計4GB

となります。データ容量については原則繰り越されたものからから使用されます。

下記が、使用しなかったデータ容量が繰り越せる格安スマホ事業者です。(1日の容量が決まっているコースの場合、使用しなかったデータは翌日まで繰り越されます。)

IIjmio/みおふぉん+BIC SIM【格安スマホ事業者】

DMMモバイル【格安スマホ事業者】

OCN モバイル ONE【格安スマホ事業者】

BIGLOBE スマホ・SIM【格安スマホ・MVNO事業者】

容量の繰越は自動で行なわれるため、自分自身で何かしら申請をしたりする必要はありません。

データ容量の繰越に関しても、業界シェアが高い格安スマホ事業者はしっかりと対応してきていますね。

まとめ

格安スマホ自分がどのようなにスマホを使うのかをしっかりとシミュレーションしてから買うのがベターです。

月によって使う通信用容量が違うという方はプランを1つ上げるのではなく、データの通信量を繰り越せるMVNO事業者の格安スマホを選択することで基本料金を抑えてより格安スマホを使うことができると思います。

Androidアプリ登場
アプリをダウンロードしてスキマ時間に「格安スマホ」について勉強するピヨ♪

google-play-badge

ひよこ先生のおすすめ格安スマホ

楽天モバイル

5分以内の国内通話かけ放題が月額850円と電話をするユーザーにも安心の格安スマホです。
楽天モバイルは格安スマホについてよくわからないという人にも安心な端末セットも充実した初心者にも優しい格安スマホです。

mineo(マイネオ)

mineo

Docomo回線とau回線のどちらのネットワークにも対応した唯一の格安スマホです!
ドコモユーザー・auユーザーの人は今使っているスマホ端末がそのまま使えます!mineo(マイネオ)への乗換でスマホ代が安くなる!

DMMモバイル

DMMmobile

全プラン業界最安値水準が魅力の格安スマホ!
ネットワークは高い技術力をもったIIJmioが担当しているので通信品質も格安スマホ最高水準です。
利用料に応じてDMMポイントがキャッシュバックされるなど、できるだけ安く使いたい人にはオススメです。

-格安スマホの豆知識
-, , , , , ,

Copyright© 格安スマホの料金比較や評判・口コミなら-ひよこ先生の格安スマホ教室- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.