通信量の節約ができるアプリを活用してデータ通信量を節約

      2015/10/08

save-traffic-apps
前回は「アプリを使用して高速通信と低速通信をきりかえられて高速通信のデータの通信量自体を節約することができる」格安スマホサービスの紹介をしました。

今回は、「通信量自体の節約ができるアプリ」を紹介します。

今回紹介するアプリを使うことによって、格安スマホにかぎらずキャリアのスマホを使っている人でも通信量の節約をすることができます。

通信量の節約ができるアプリを使ってデータ容量の節約をしよう

今回は2つのアプリを紹介します。

仕組みとしては、専用の回線を経由させることによって画像や、動画のデータ圧縮やキャッシュの機能を使って通信量自体を減らすようになっています。

GoogleChrome

Androidの方には馴染みがあると思いますが、設定よりデータセーバーの設定をONにすることによってインターネットをする際のデータ通信量を節約することができます。
20140422
設定に関してはAndroidとiPhoneで若干違います。

画像はiPhoneのものです。設定の仕方を簡単に紹介します。

Androidの場合

右上の設定→データセーバー→ONにする

iPhoneの場合

右上の設定→帯域幅→データセーバー→ONにする

といった感じです。

実際にどれ位の節約ができたのかはグラフにて確認することができます。

Opera Max - データマネージャ -

Androidのみになりますが、こちらのアプリをインストールするだけで、データの通信量を通常時よりも50%程削減できます。上に上げたChromeと違う点は、端末全体のデータ通信量を節約できるという点です。
201504221自分のインストールしているアプリでどのぐらいのデータ容量の節約ができるかが見れます。

また、上記のChromeで「データセーバー」の設定をしてある状態からも更にデータの通信量を節約してくれます。また、モバイルデータ通信時に通信させたくないアプリに関しては設定から全く通信をしないようにできるなど格安スマホを使う上では必須のアプリかもしれません。

インストールして起動させるだけで難しい設定は一切ありません。

モバイルデータ通信の時に節約機能は働きません。また、アプリによっては上手く動かなくなるものあるようですのでその場合はデータの圧縮をOFFにして使いましょう。

まとめ

データの使用量によって基本価格が大きく変わってきますので、こういったアプリや高速通信と低速通信を切り替えられるMVNOを選ぶことによって削れる部分はけずっていくようにしましょう。

save-traficc
テーマに別のMVNO事業者の「格安スマホ」サービスを紹介します。 今回のテーマは「アプリを使用して高速通信と低速通信をきりかえられ
Androidアプリ登場
アプリをダウンロードしてスキマ時間に「格安スマホ」について勉強するピヨ♪

google-play-badge

ひよこ先生のおすすめ格安スマホ

楽天モバイル

5分以内の国内通話かけ放題が月額850円と電話をするユーザーにも安心の格安スマホです。
楽天モバイルは格安スマホについてよくわからないという人にも安心な端末セットも充実した初心者にも優しい格安スマホです。

mineo(マイネオ)

mineo

Docomo回線とau回線のどちらのネットワークにも対応した唯一の格安スマホです!
ドコモユーザー・auユーザーの人は今使っているスマホ端末がそのまま使えます!mineo(マイネオ)への乗換でスマホ代が安くなる!

DMMモバイル

DMMmobile

全プラン業界最安値水準が魅力の格安スマホ!
ネットワークは高い技術力をもったIIJmioが担当しているので通信品質も格安スマホ最高水準です。
利用料に応じてDMMポイントがキャッシュバックされるなど、できるだけ安く使いたい人にはオススメです。

 - 格安スマホの豆知識 , ,