「格安スマホ」と「キャリアスマホ」の違い

      2015/02/16

defference
今回は「キャリアスマホ」と「格安スマホ」について学んでいきます。

両者の間にはかなり大きな価格差があります。「キャリアのスマホ」の維持費は大体月6,000円~。一方の「格安スマホ」は大体月1,500円~となっています。

なぜキャリアのスマホは値段が高く、格安スマホはこんなにも値段が安いのでしょうか。もちろん、キャリアスマホと格安スマホで全く同じサービスを受けられるはずはなく、「キャリアスマホ」と比べて「格安スマホ」が安い金額なのはそれなりの理由があります。

今回はその辺りを説明したいと思います。

キャリアスマホ

career-smaho
まずは、「キャリアスマホ」の特徴から説明します。

  • 全国各地にキャリアショップを構え、手厚いサポートが受けられる。
  • キャリアが展開する様々なサービスを受けられる。

キャリアでは、全国各地に窓口となるキャリアショップを持っています。ちなみに、3大キャリアのキャリアショップは各社とも全国で2400店舗前後もありかなり数が多いです。

困ったときはキャリアショップにいけばなんとかなる。といこともあり、キャリアショップはいつも混んでいるような気がしますね。

キャリアショップの窓口では、機種の契約・プラン変更・使い方のレクチャーなども含めかなり手厚いサポートがうけられます。

それにくわえて、キャリア独自のWi-Fiのサービスや、キャリアメールの提供などといったキャリア自体が運営している様々なサービスの恩恵を受けられます。

このように「キャリアスマホ」には様々なサービスや手厚いサポートがあります。

格安スマホ

kakuyasu-sumaho
続いて、「格安スマホ」の特徴を書きます。

  • 手続きは原則インターネットから
  • サポートもあるが電話の窓口かメールのみ

キャリアスマホ」とはちがい、「格安スマホ」にはスタッフに直接相談できるような窓口はほとんどありません。新規契約や、プランの変更はWEBから自分で行う必要があります。サポートに関しても、電話の窓口もありますが、メールなどの場合も多いでしスマホの使い方などはサポート外です。

MVNO独自の付随サービスがある事業者もありますが、基本的には通話とデータ通信のみとシンプルなサービスが提供されています。

このように、サポートやサービスを絞り運営することによりコストを抑えて、格段に安い値段でサービスが提供されています。

まとめ

上記からもわかるように、キャリアスマホと格安スマホでは、受けられるサポートやサービスが全く違います。

手厚いサポートや様々なサービス・キャリアショップなどが無いため安価な料金を実現しているのが格安スマホの特徴です。

Androidアプリ登場
アプリをダウンロードしてスキマ時間に「格安スマホ」について勉強するピヨ♪

google-play-badge

ひよこ先生のおすすめ格安スマホ

楽天モバイル

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

5分以内の国内通話かけ放題が月額850円と電話をするユーザーにも安心の格安スマホです。
楽天モバイルは格安スマホについてよくわからないという人にも安心な端末セットも充実した初心者にも優しい格安スマホです。

mineo(マイネオ)

mineo

Docomo回線とau回線のどちらのネットワークにも対応した唯一の格安スマホです!
ドコモユーザー・auユーザーの人は今使っているスマホ端末がそのまま使えます!mineo(マイネオ)への乗換でスマホ代が安くなる!

DMMモバイル

DMMmobile

全プラン業界最安値水準が魅力の格安スマホ!
ネットワークは高い技術力をもったIIJmioが担当しているので通信品質も格安スマホ最高水準です。
利用料に応じてDMMポイントがキャッシュバックされるなど、できるだけ安く使いたい人にはオススメです。

 - 格安スマホとは , ,